女性向けのウォーターサーバー

男性と女性では力が違いますし、ウォーターサーバーの使用目的も異なりますよね?
そのため、男性にとっては使いやすいと思っても女性にとっては使いづらいと感じることがあるので注意しましょう。
使いづらいウォーターサーバーを設置してしまうとストレスが溜まったり、場合によっては怪我をする恐れもあります。
女性の方の場合、安全・快適に使うためにも女性向けのウォーターサーバーを探すようにしてください。
女性向けのウォーターサーバーを選ぶ場合、自分にとって何を大事なのか、または何を重視するのかを考えましょう。
人それぞれこだわりがあると思うので、それをできる限り実現できそうなものを選びましょう。
例えば、水のボトルが重いと交換しようと思った際に大変な思いをします。
男性なら簡単に取り付けできるものも女性だと重労働に感じることもあるでしょう。
また男性の場合はあまりウォーターサーバーのデザインやカラーにこだわりがないかもしれませんが、
女性の場合はたいてい可愛い方がいいと思うはずです。
メーカーによってウォーターサーバーのデザイン・カラーは異なるので、その点も忘れずにチェックされた方がいいでしょう。
さらにいうと子供がいるのかいないのかでも向いているウォーターサーバーは違ってくるので安易に決めるのは避けた方がいいです。

 

 

 

 

 

デザイン・カラーで選ぶ

女性の方がウォーターサーバーを選ぶ場合、デザインやカラーにも注目してください。
価格が安かったり、使いやすくてもデザイン・カラーが少ないのであれば、部屋の景観や雰囲気を損ねてしまう危険があります。
女性は男性と違って部屋にこだわりを持っている方が多いので、デザインやカラーが豊富なウォーターサーバーの方がいいです。
いくら性能が良くてデザイン性が高くても設置する場所次第でマイナスになることがあります。
設置場所とマッチしないタイプを選んでしまうとお客さんが来た時に恥しいですよね?
男性なら気にしないかもしれませんが、女性の場合は気になってしまう人が多いと思います。
そのため、ウォーターサーバーのデザインなどを決める際、設置場所に合うかどうかを考えてください。
ピンクで統一されている部屋に黒のウォーターサーバーを置くと違和感が出ますよね?
この場合だとせっかくピンクで統一しているのなら、ピンクのウォーターサーバーを見つけましょう。
そうするとある程度、メーカーが絞れると思います。
また、和室にウォーターサーバーを設置するのなら近未来的なウォーターサーバーだと浮いてしまいます。
違和感を与えないためにも緑を貴重にしたものやシンプルなデザインのものがいいでしょう。

 

 

水の重さで選ぶ

女性がウォーターサーバーを利用するなら、水の重さが非常に重要になります。
ボトルが重いと水を交換する度に辛い思いをすることになるので、力に自信が無いという場合は軽量タイプを選んだ方がいいです。
基本的にウォーターサーバーのボトルは1本12Lというのが主流です。
12Lということは12キロあるので、それを高く待ちあげるのは一苦労ですよね?
腰が弱い人や力が弱い人だと怪我をする恐れもあるので注意しないといけません。
最近では女性でも簡単に設置できるように軽量タイプの容器を採用しているところもあります。
先ほどもお話したように12Lが主流ですが、メーカーによっては女性でも平気な7Lや8Lのボトルを採用していることがあります。
またボトルではなくて、パックタイプのウォーターサーバーも増えてきました。
7Lや8L程度なら従来よりも非常に軽いので、女性も軽々交換できるはずです。
いちいち水が必要な時にスーパーで買っていた方からすると自宅まで届けてくれるウォーターサーバーはとても便利だと思います。
8Lだと2Lのペットボトル4本購入して、それを自宅まで運ばないといけないので非常に大変です。
そんな大変な思いをしなくてもウォーターサーバーならすぐに水やお湯を使用できます。

 

 

水で選ぶ

女性の場合だとただ飲めればいいという方が少ないです。
みなさん味や飲みやすさにこだわりを持っていることが多いです。
また赤ちゃんのいるご家庭だと水の硬度にも注意しないといけません。
そのため、女性がウォーターサーバーを利用する場合はどんな水を使えるのかもチェックしてください。
単純な水の美味しさで選ぶなら天然水の方がいいでしょう。
天然水の場合だとほどよいミネラルも含まれているので、美味しいですし健康にもいいです。
味にどうしてもこだわりたいのならできれば試飲をしてからの方がいいかもしれません。
メーカーによっては1週間程度の無料お試し体験を実施しているので味が使い勝手、必要性などを無料で確認できます。
もし、そこで気に入ったのであればそのまま続けてもいいですし、イメージと違ったのなら無料で断ることも可能です。
そして、硬度の高い硬水の水は赤ちゃんに飲ませないでください。
硬水の水はミネラル分が非常に高いため、赤ちゃんが飲んでしまうとお腹を壊してしまう危険があります。
硬水は赤ちゃんのミルク作りに向いていませんし、動物の飲み水にもおすすめできません。
赤ちゃんに飲ませるなら必ず軟水の水を選ぶようにしましょう。
RO水は不純物が含まれていないので安全性には定評があり、妊婦や産後にいいかかもしれません。

 

 

コストパフォーマンスで選ぶ

既婚者の場合、財布の紐を握っているのは女性というケースが多いです。
家計のことを考えるのであれば、できる限りウォーターサーバーの費用を抑えたいと思うはずです。
そのため、コストパフォーマンスでウォーターサーバーを選ぶというのもひとつの方法です。
ウォーターサーバーをコストパフォーマンスで選ぶ場合、
注目したいのがサーバーレンタル代・水代・メンテナンス代・電気代の4つです。
これらの費用が少ないものを選ぶと経済的負担が少なくなります。
特にサーバーレンタル代は有料のものと無料のものがあるので気をつけてください。
基本的に無料のウォーターサーバーの方がコストパフォーマンスが高いですが、
その代わり水代や電気代が高いというケースも少なくありません。
逆にウォーターサーバーのレンタル代は有料だけどメンテナンス費用が無料、水代や電気代が安いというパターンもあります。
全てのコストを合わせてから比較するようにしてください。 ただし、あまりにもウォーターサーバーのコストパフォーマンスにこだわってしまうと味が微妙だったり、
使いづらかったりすることもあるので注意してください。
長く使い続けるためにもコストパフォーマンスだけではなく、他の部分もきちんと考慮しましょう。

 

 

バナジウムの有無

水ダイエットをするためにウォーターサーバーを利用したいと考えている人もいるでしょう。
1日2リットル程度の水を飲まないといけないので、その度にスーパーに買物に行くのは大変です。
ウォーターサーバーがあれば、わざわざ水を買いに行かなくても手軽に水ダイエットができます。
また水道水だと水代を抑えることができますが、美味しくないので続かないことが多いです。
ウォーターサーバーの中には水ダイエットに向いているタイプがあります。
それはバナジウムという成分が配合されているものです。
ウォーターサーバーのメーカーサイトを見ているとバナジウムという言葉を目にすることもあるでしょう。
このバナジウムには血糖値をはじめ、中性脂肪やコレステロールといった数値を下げる作用があります。
さらにデトックス効果もあるといわれているので美容にも効果的です。
バナジウムが入っているウォーターサーバーと入っていないウォーターサーバーがあるので、
水ダイエットに利用するのであれば入っているタイプを選びましょう。
そうすることでダイエット効果をさらにアップさせることができます。
この場合、RO水ではなく、天然水のウォーターサーバーを選ぶことになります。